大正製薬にリアップX5の副作用について電話で聞いてみた

厚生労働省が発表しているページではミノキシジルは皮膚への副作用はあるが循環器系の副作用症状との関連性はないと記載がありました。この見解が本当に正しいのか気になり、ネットだけの情報では信憑性がよくわからなかったので、大正製薬のお客様サポートセンターに電話しミノキシジル育毛剤であるリアップX5の副作用症状について確認してみました。

電話で副作用について説明してもらうまでの経緯

本題の疑問についての回答を書く前に、まずはその説明を聞くまでの経緯をご紹介しましょう。
いくつか問い合わせ先があるのですが、中でもリアップX5のパッケージに記載がある「お客様119番室:03-3895-1800」に電話をしてかけてみました。

お昼12時頃に1回目の電話をかけたが「薬局で薬剤師に聞いてくれ」という態度

緊張しながらも副作用については確認しておきたかったので、会社の昼休みを利用して12時に電話をしました。

電話は5コール目でつながり、聞こえてきたのはおじさまのような男性の声です。私も悪いのですが、いきなり「副作用について教えていただきたいのですが」と伝えると「はい?」という反応でした。どうやら大正製薬全ての商品の119番のため、先に「リアップの件で電話した」という旨を伝えるとスムーズに会話をできると思います。

改めて「リアップX5についての質問ですが、、、」と話をした瞬間「販売店の薬剤師さんに聞きました? 薬剤師さんが全部わかってるので薬剤師さんに聞いてください!そういう事になってるんで!」とかなりの塩対応。正直イラっとはしましたが、らちがあかないと思い近くの薬局で問い合わせる事にしました。

13時頃に近くの薬局の薬剤師さんに質問したが副作用の詳細についてはわからないという態度

近くの薬局にその足で向かい薬剤師さんのいるコーナーでリアップの副作用について質問をしました。

しかし、反応はイマイチ。サイトに載っているわかりやすい内容を復唱をするだけで「副作用率は?」とか「どういう副作用症状があるのか?」という質問に対しては、「ちょっとわからないですね~」と結局、元の大正製薬のお客様119番室を紹介されるという始末でした。。こういうたらい回しって一番フラストレーションがたまりますよね。。

15時頃に2回目の電話でようやく副作用についての話が聞けた!

再度、お客様110番室に電話。また塩対応おじさんならどうしようと考えていると次は4コール目で出てもらえました。

今回は元気がいい若い声の男性。言葉遣いも丁寧でいきなり好印象でした。「リアップX5について質問が…」と話をはじめると「はいはいなんでしょう!」という感じで、そのまま副作用についての話を聞き出すことができました。

大正製薬お客様119番室に電話する際の秘訣がわかりました。まず記載の電話番号はリアップのホットラインではなく、全ての大正製薬の商品に関する電話なので「商品名」を言わなければいけないですね。さらに医薬品の場合は「薬剤師にすでに質問したが不明点が多かった旨」を先に伝えておくと、スムーズに話が聞けると思います。

電話で確認できた大正製薬の副作用に関する見解

それから副作用について15分ほど質問をさせてもらいました。
まずは医薬品としてのスタンスの説明を先にされました。それが「医薬品なので効果が高い分、副作用は確実に存在する」というスタンスです。効果がある分副作用も存在するので、薬剤師さんの許可がないと買えないようにすることでリスクを事前に周知徹底しているということでした。

次に副作用の症状についても聞きましたが、ここで語彙が強くなったのは「副作用は使用者の8.7%が起こっているが、内訳は皮膚の炎症、熱化、フケ症状であり、循環器系の副作用は1件も報告されていない」ということです。副作用になると購入店舗かお客様119番室に電話、あるいは病院へいくように伝えられるのですが、それらで集まった声より循環器系の副作用はリアップX5によるものではないとのことでした。

ここで厚生労働省のサイトで記載されている内容は正しかったということがわかりました。
その他副作用については色々と電話で聞いてみたので下記をごらんください。

Q:副作用になる場合は、リアップx5を塗布してすぐなるのか?

A:肌にあわない人は数回で副作用になる人がいる。使い続けて数ヶ月後に副作用が出る人もいるが、疲れや免疫力が低下し肌の免疫が下がった時に出てくる時もある。その際はまず使用を辞め、次にまだ副作用が引かない場合は病院へ行くこと。

Q:副作用はどういう症状があるのか?

A:リアップx5時代(今はリアップx5プラス)の話だが、最も多いのは皮膚の熱化。その他、頭皮が赤くなる、かぶれる、かゆみ、かぶれ、フケの発生が症例として上がっている。多毛症、動悸、胸痛なども記載はしているがあくまでも可能性があるだけであり、リアップx5時代は症例として1件も上がってこなかった。

Q:副作用になった場合の対策

まず使用をやめて状況を確認。その後使用をやめて1週間症状が改善されない場合は、病院(皮膚科)へいく。

Q:副作用になりやすい人の特徴

アトピー体質の人は副作用になりやすい。あとはかぶれやすい人も副作用になりやすい。(シャンプーを使ってかぶれた経験のある人は要注意)

65歳以上の人は副作用になりやすいから使うことができない?

リアップのパッケージは65歳以上は相談の上使用禁止と書いているが実際はそのような症例はなく、国からの定めで書いている。65歳以上は加齢により、薬を服用する機会が増えたり、免疫力の低下が現れてきたりすることから相談を必要としている。

ということです。免疫力の低下や加齢も副作用の原因ということですので、副作用になる可能性を下げるためにも日々健康な生活を心がけるべきですね!

育毛効果と副作用リスクを徹底検証