第3の新しい発毛剤リグロEX5は、他の発毛剤や育毛剤となにが違う?スペックを徹底検証

リグロEX5

2018年11月17日ロート製薬から発売されたリグロEX5は、ミノキシジル成分を5%配合している発毛剤です。

本田圭佑選手が漫画調のイラストで「今までの自分 ぶち破れ」と吠えているCMをみて商品を知った人も多いと思います。

先にご説明しておきますが、よく耳にする育毛剤というのは、抜け毛を防いだり、今生えている髪の毛を育てる効果が期待できるのに対して、発毛剤は、髪の毛がなかった部分に生えさせる効果が期待できます。

髪の毛が生える効果だけをみれば「発毛剤>育毛剤」なんですね!

現在日本で唯一「ミノキシジル」が配合されている商品だけが厚生労働省によって第一類医薬品の「発毛剤」として認可されており、ミノキシジルが入っていない商品はすべて「育毛剤」となるので注意しましょう。

ただ、ミノキシジルを5%配合した発毛剤はリグロEX5だけではありません。

大正製薬から発売されている「リアップX5プラス」、スカルプDシャンプーでおなじみのアンファーから発売されている「スカルプDメディカルミノキ5」の2商品が先行して発売されており、リグロEXはミノキシジル発毛剤においては第三のアイテムということになります。

このページでは、「リグロEX5」のスペックを紹介しながら、先行する2つの発毛剤と効果などでなにが違うのか、どんな人におすすめできる発毛剤なのか、ご紹介したいと思います。

また、「リグロEX5」をはじめとするミノキシジル発毛剤は、高い効果が期待できる半面、副作用のリスクも心配されることはご存知ですか?

どんな副作用があって、リスクはどれくらいかを後半にご紹介するとともに、副作用の可能性が限りなく低く、育毛効果も両立した医薬部外品育毛剤も最後にご紹介します。

特にこちらのポリピュアEXは、発毛剤と同様に育毛効果に対するエビデンス(根拠)が存在し、リグロEXの半額以下で使うことができるおすすめの育毛剤です。

リグロEX5はどんな配合成分でどんな人に効果がある?

まず、リグロEX5は、冒頭でもご紹介したとおりミノキシジルという主成分が5%含まれています。

ミノキシジルには、血管を拡張する作用があり、血流を増やす効果があります。

これにより、髪の毛に栄養が行き渡り、成長期を長く保つことで、抜け毛が減少し、新たな髪の毛も生えやすくなる効果が生まれます。

ミノキシジルの具体的な効果については、さらにくわしく以下にまとめています。

リグロEX5の同梱説明書においては、薄毛になっている部分が主に頭頂部にある「壮年性脱毛症」の場合、4ヶ月から6ヶ月で効果がわかるようになると記載されています。

リグロEX5の説明書

ただし、ミノキシジルが国内最大濃度5%配合されていることは、「リアップX5プラス」「スカルプDメディカルミノキ5」もまったく同じであり、特別なことではありません。

発毛効果の範囲も「壮年性脱毛症における発毛、育毛、および脱毛の進行予防」と同じ表記であり、発3つのアイテムとも横一線といってよいといっても差し支えありません。

では、リグロEX5が他と比べてなにが違うのかといえば、ミノキシジル以外の配合成分となります。

ミノキシジルの濃度は5%とほぼ同じだが、使用感を左右する添加物が違う

リグロEX5の成分表記

リグロEX5のミノキシジル以外のすべての配合成分は下記のようになります。

リグロEX5 1,3-ブチレングリコール、プロピレングリコール、エタノール、酒石酸

では他の発毛剤のミノキシジル以外の配合成分はこちらです。

リアップX5 1,3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸、エタノール
メディカルミノキ5 グリセリン、1,3-ブチレングリコール、エタノール 、リン酸

エタノール、1,3-ブチレングリコール3つとも同じですが、プロピレングリコール、酒石酸(しゅせきさん)の2つはリグロEX5だけに配合されている成分です。

プロピレングリコールはアルコールの一種で別名「PG」と呼ばれる添加物で、うるおいや保湿作用を与える効果があります。

メディカルミノキも保湿目的にグリセリンを配合していることから、リグロEX5でも同種の成分を入れていますね。

毒性が非常に低く人体に無害であることから、食品や医薬品などにも幅広く使われる添加物で、 無色透明で粘り気があることから、使用感も他の2つより変わってくることが想像されます。

酒石酸(しゅせきさん)はワインから発見された成分で、酸味料として食品添加物として使用される安全性が高い添加物です。

成分がきちんと水に溶けるように水溶性を改善する目的で配合されていて、効果や使用感に反映されることはなさそうですね。

このように、主成分ミノキシジルの濃度は同じなので、発毛効果にまったく違いはありませんが、添加物の構成が変わっていることにより、日々の使い心地においては若干の違いがあります。

では、実際にどういう使い心地で他の発毛剤との違いはあるのか?使ってみて検証したいと思います。

内箱のデザインはとてもかっこいいが、ボトルはなんと…!?

さっそくリグロEX5の箱を開封してみると、早速リアップ、メディカルミノキ5と違う点が見つかりました...!

リグロEX5の内箱

それがこの内箱!ガンダムかエヴァを思わせる格納庫のようなデザインで、観音開きで開くところになぜか妙なかっこよさを感じてしまいます。。

リアップを使う人が40~50代のおじさん層であることを考えると、リグロEX5は30代の若者層をひきつけようとデザインにも工夫しているのでしょうか?

ボトルを取り出して、真紅のメタリックなフタを開けてみると、液体を塗布するラバーノズルヘッドがあらわれます。

リグロEX5のラバーノズルヘッド

「ん?、どこかで見たことがある??」と思ったら、これ、スカルプDメディカルミノキ5と全く同じノズルです。並べてみると驚愕の事実が…

リグロEX5とメディカルミノキ5のボトル先端部。

似たものではなく全く同じ(笑)縦横の大きさ、形状、ノズルのタイプや柔らかさもなにもかもが同じでした。。商品ラベルをとったらどちらかわからないレベルです。

おそらく、1mlを正確に塗布できるノズルヘッドはかなり特殊なものであることから、基本的なボトルの設計はどこかのメーカーが一括でおこなっているのかもしれません。

使い方も、やはり同じ。

  • 1.キャップがしっかりしまった状態を確認
  • 2.キャップをひねって外す(ひねったタイミングでノズルが上がります)
  • 3.ノズルが上がった状態で逆さにしてそのまま塗布

キャップをひねるとノズルが上がり逆さにすると、真ん中の透明な薬室に1回の使用量である1mlが溜まって正確な用量を測ることができます。

リグロEX5の説明書

説明書にもこのように、逆さにしてあとはトントンするだけ、と書いてありますが、実はここに書いてあるようにカンタンには液体はでてきません。

リアップX5のノズルは、つけたとたん、じわっと液体が頭皮に広がる感じが伝わるのですが、リグロEX5は、優しく頭にトントントントン打ち付けても全然頭皮が潤わない。

「あれ?出てる?」と思って頭を触ってみたら、微妙に濡れているのですが、1回トンと頭皮に打ち付けることに対して出てくる量が劇的に少ないです。

コツとしてはぎゅっぎゅっと押し付けるのでなく、頭皮にトントンと音が聞こえるくらいまで打ち付けるように塗布しないと液体が出てこないので、使用する際は注意しましょう。

リグロEX5と他の発毛剤との使用感の違い

リグロEX5とメディカルミノキ5とリアップX5

においはメディカルミノキ5と同じくほとんどない。手についたときにかすかに香る程度

リアップX5プラスはややきつめのアルコールの匂いがするのに対して、リグロEX5はほとんど匂いがしません。 塗布してから匂いもしないし、塗布後にヘッドマッサージをしても匂いがぷんと漂っていることはありません。

手についた液体をよく嗅いでみるとほのかにアルコールの匂いがするくらいなので、匂いはほとんどしないといってもよいでしょう。

ちなみに、メディカルミノキ5も匂いがほとんどしないので、後発商品であるこの2つは成分こそ若干違えど、ノズルと合わせて似ている点が多いですね。

リアップX5プラス、メディカルミノキ5よりも清涼感を感じられず、塗ったかどうかがよく実感できない

メディカルミノキ5を頭皮に向けて塗布する様子

リアップX5は塗布後にすーっとした清涼感や、浸透しているようなじわーっと熱のようなほてり感を感じますが、リグロEX5は、つけた感覚はほぼなにもありません。

メディカルミノキ5と比較しても、リグロEX5はほぼ感じない感触です。

ただ、リグロ5EXは他の2つの発毛剤と比べると、液体の粘つきが強いです。

塗布後ヘッドマッサージをすると、手にしつこく液体が粘りつき、そのまま携帯電話や家具を触るのが気を引けるほどですので、使用後はすぐに手を洗うことをオススメします。

この液体の粘つきは、添加物であるプロピレングリコールが影響しているのでは?と思いますね。

3.メディカルミノキと同じラバーヘッドは使い心地もほとんど同じ

先述の通りノズルは、リグロEX5とメディカルミノキ5は同じです。 垂直にトントンと打ち付けることで液体が塗布されるのですが、使いやすいのかと問われると「うーん」と悩みます。

リアップX5プラスは、ボタンのような突起物が出ており、それを頭に打ち付けるとジュワッと液体が広がる感じなので、液体がよくでるのはリアップX5です。

1回に使用する量は3つの発毛剤ともに1mlですが、まんべんなく頭全体に塗布できるのがリグロEX5とメディカルミノキ5。

短時間で気になるところに集中塗布できるのがリアップX5プラスといった特徴があると思います。

1本あたりの単価はリグロEX5が現在発売されている発毛剤の中で最も安い

リグロEXは、キリン堂などの薬局で購入することができますが、通販サイトでも購入する事ができます。

気になる定価は、1本60ml配合(1ヶ月分)で税込7,560円です。

この価格は「高いのか安いのか?」と思い、3つの発毛剤の1本の定価を比較してみました。

リグロEX5 60ml 7,560円(税込)
リアップX5プラス 60ml 7,611円(税込)
メディカルミノキ5 60ml 7,800円(税込)

ほとんど価格差はないですが、リグロEX5が最も安いことがわかりますね。

毎月1本ずつ購入する場合リグロEX5が最も安く購入できると覚えておきましょう。

ただし、「リアップX5プラス」とは別に、ミノキシジルだけの、通販限定商品の「リアップX5」は6,458円(税込)で販売されています。

また、メディカルミノキ5も1本購入だと上記の価格ですが、4本セットだと27,000円(税込)のため1本あたりは6,750円となり、リグロEX5より安く購入することができます。

まとまってお金を支払うことができる人はこういう選択もありですね。

清涼感や匂いが苦手な人にはオススメの発毛剤だが、副作用のリスクも存在!

リグロEX5

最後に、他の発毛剤と比べたリグロEX5の特徴は以下のようになります。

  • 発毛効果は、ミノキシジル5%含有で他の発毛剤とまったく同じ
  • ボトルの形状、塗り方は、スカルプDメディカルミノキ5とまったく同じ
  • 液体のにおいが最も少なく、リアップにありがちな頭皮のほてり感も少なく、使いやすい

ミノキシジルが5%配合されているため、リアップX5プラス、メディカルミノキ5と効果そのものは同じです。

価格もリグロEX5は最安なものの、明らかな価格差はそれほどない…。

では、これらはどのようにして選ぶのかというと、私は使いやすさが一つのポイントのように思います。

用法・用量も全く同じで、1度使い始めると最低でも4ヶ月間は1日2回使い続けなければ効果は見込めません。

使うたびに「なんかスースーして嫌だな」「周りの人に使っていることばれないかな」と言った使用感やにおいが気になるようでは継続使用するのも萎えますよね。

その点で考えると、リグロEX5は他の発毛剤と比較しても、使用感もにおいも感じにくい印象があります。

パッケージも若者向けのオシャレ仕様になっており、リアップを塗っていることに抵抗がある若者向けの発毛剤といえるでしょう。

あと、もうひとつ忘れてはいけないことがあります。

ミノキシジルが配合されている発毛剤全般には、発毛効果がある反面、副作用も報告されています。

リグロEX5のサイトにも、使用後にこのような症状がでたら薬剤師へ相談しましょうと記載があります。

リグロEX5の副作用

ミノキシジルには発毛効果があると同時に、副作用があることも厚生労働省によって公開されており、、平成21年2月23日-平成25年2月22日にミノキシジル配合のリアップX5を使用した結果、8.82%の方がこれらの副作用症状を訴えたとのことです。

これは同じミノキシジルを5%配合しているリグロEX5にも同じことがおこり得るといえます。

中でも皮ふ:頭皮の発疹やほてり、かゆみ、かぶれ、ふけ、ほてり感などは、よく起こりやすい症状の一つになるので、特に肌の弱さを日頃から感じている方は注意する必要があるでしょう。

ミノキシジル副作用の詳細については、リアップの発売元である大正製薬のお客様相談室に実際に相談していますので、興味のある方はごらんください。

また、すべての人が発毛するのか?といえばそうではなく、あくまでも確率論的に「生える人が多かった」という試験結果をもとに開発されているので、過剰な期待は厳禁です。

「リスクを背負う可能性があるのはちょっと・・」という方には、発毛剤ではなく、医薬部外品の育毛剤を使うのもひとつの選択肢になります。

育毛剤は、ゼロから髪を生やすことはできないため発毛とは呼ばれないのですが、使いようによっては次のようなメリットがあり、ミノキシジル発毛剤よりも効果をだしやすくなるかもしれません。

ミノキシジル発毛剤よりも育毛剤が優れているポイント

副作用になる確率がダントツに少ない
医薬品であるミノキシジル発毛剤の次に位置する医薬部外品の育毛剤は、人体に対して高い安全性が確保されているのが特徴です。厚生労働省のプレスリリースによると、医薬部外品の育毛剤全体を使って、副作用になった報告が合計4件と極めて少ない副作用に抑えられているのが特徴です。リアップなどを使ったけど、副作用に悩まされて育毛剤に乗り換えることもあります。
M字型やまだら型の薄毛などタイプを問わず使用可能
ミノキシジル発毛剤は、基本的に頭頂部の薄毛にしか効果はありません。ミノキシジルの作用は血流をアップさせることですが、頭頂部以外の毛細血管の密度は少なく、血流アップの効果が十分でなくなることが原因といわれています。育毛剤のほとんどは薄毛のタイプはほとんど関係なく使うことができます。
重度の薄毛には効果がないが、薄毛のなりはじめや予防に効果
たとえば毛根がなくなっていて地肌がはっきりわかるほどの重度の薄毛には効果はありませんが、今ある髪の毛を太くし、育毛させる効果はあります。髪が細くなってきた、抜け毛が多くなってきたといった程度の薄毛であれば医薬部外品の育毛剤でも十分に対応できます。
価格が安く、全額返金保証制度などのサービスもある
発毛剤でも育毛剤でも、最低でも数ヶ月以上は使い続ける必要があります。育毛剤の場合、発毛剤よりも価格が安い場合があったり、使い始めて一定期間内にはどんな理由でも商品代金が戻ってくる全額返金保証制度があったりと、発毛剤よりランニングコストが少なく取り組むことが可能です。

今回は、60種類以上販売されている育毛剤の中で、成分に独自性があり、かつ副作用の低さにこだわり、全額返金保証もある5つの医薬部外品育毛剤をピックアップしてみました。

ミノキシジル発毛剤だけでなく、自分の薄毛の状態に合わせて効果もよく、続けやすい育毛剤も検討候補にすることも大事であると思います。