チャップアップにまつわる嘘を排除した正直な効果と口コミを調べてみると…

チャップアップ

いや~、ミノキシジルが副作用で合わなかった私が、それに変わる育毛剤を…といろいろ物色していた中で、有名な「チャップアップ」も、使える育毛剤か調べてみたんですが、いろんな意味ですごい(笑)

御徒町にあったチャップアップの看板

確かに「ウルトラ育毛剤」としてウルトラマンがメインキャラクターとなって、街なかで看板や、タクシーの中のチラシまでみかけますし、育毛剤の中で売上も1位なので、人気は相当あるものだと思います。

ただ、ワタシが重視するのは、人気よりも、実際に効果が出るのか、その「根拠(エビデンス)」があるかということ。

そもそも発毛剤であるリアップX5も使い始めたのも、医薬品と認められ、実際に人体で使った「臨床試験の結果」が公開されているから信用できると思ったからです。

そうでなくても、成分に独自の工夫や、メーカー自体で使った人にどんな効果があったのかなどの客観的なデータがあれば、やっぱり信頼できますしね!

しかし、チャップアップについて調べてみると、「え、こんなことってあるの?」なんて真偽不明の都市伝説的な情報がゴロゴロ…(笑)

「いくらなんでもこりゃひどいだろ…」なんて思う嘘トピックもしばしばあったりして、調べ尽くして判明したちゃんとした内容をお伝えしたほうが良いのではないかと。

チャップアップをディスるつもりはまったくありませんし、かといって無理くり良いように見せるつもりもありません。

できるだけ嘘がなく、フラットにチャップアップについて調べたことをご紹介しますので、中立的に情報を知りたい方はご参考ください。

チャップアップは「発毛剤」ではなく「育毛剤」

そもそもチャップアップは、「髪が生える」発毛剤だと思っている人、多いんじゃないでしょうか?

ポリピュアEX

実際、発毛剤で検索すると、リアップやリグロEX5と並んで「発毛剤 チャップアップ」とサジェストが出てくるので、このワードで検索している人は相当いるのでは?と思います。

でも、すでにここから間違っているんです。。

そもそも、発毛剤と呼ばれるものは医薬品であり、厚生労働省によって明確に基準が定められています。

この基準に満たさずに「発毛剤」と表現することは薬に関する定めた法律「薬機法」に違反する行為でもあるんですね。

現時点で発毛剤と呼ばれる定義は、

  • 「第一類医薬品」であること
  • 現在日本で唯一発毛成分と公式に認められている「ミノキシジル」が含まれていること
  • 実際に効果があるのか、人体で試した「臨床試験」が行われて証明されていること

では、チャップアップはどうなのかといえば…

  • 「第一類医薬品」ではなく、「医薬部外品」である
  • 「ミノキシジル」は入っていない
  • 「臨床試験」も行われていない

ただ、これはチャップアップのメーカーが嘘をついているわけではなく、知らず知らずの間にネット情報によって、スペック以上の性能に祭り上げられた…ということが正確でしょうか。

チャップアップが厚生労働省の認可を受けている区分は「医薬部外品の育毛剤」です。

チャップアップの箱

その認められている効果は、

  • 「今ある髪の毛」を太くする、育てるなどの育毛効果
  • 抜け毛を予防する効果
  • 発毛を促進する効果(確実に発毛するとはいってないところがポイント)

となり、立ち位置的には、かねてより紹介している「ナノインパクト100」や「ポリピュアEX」といった育毛剤とまったく同じです。

チャップアップで発毛する!と思ってしまうだけで、効果の期待値がかなり変わってしまいますので、まさに使う側にとっては、百害あって一利なしの情報ですよね。

発毛効果が公的に認められている「発毛剤」は、いままで大正製薬の「リアップ」一択(ワタシも使っていた)でしたが、主成分ミノキシジルの特許が切れたことから、今では激安発毛剤が数多く発売されていますので、興味のある方はこちらをご覧ください。

チャップアップは男性ホルモンが原因のAGAに効く根拠は公式に認められていない

男性が薄毛になってしまう原因のひとつとして数えられるのが「男性型脱毛症(AGA)」だといわれています。

ネット情報を漁ってみると、チャップアップはこのAGAにも効果あり!だからスゴイんだ!と太鼓判を押されていることが多いですが、これ、厚生労働省にも認められていないことはおろか、メーカー自体も認めていないんです。。。

そもそもAGAは、体内にある男性ホルモンであるテストステロンと、5αリダクターゼと呼ばれる酵素が結びついて発生するジヒドロテストステロンが発毛を妨害することから起こるとされています。

この活動が年齢を重ねるにつれ活発になることで薄毛になってしまうわけです。

チャップアップが多くのサイトでAGAに効くとされている根拠となるのが、「酵素5αリダクターゼの活動を抑制する成分」が含まれていることです。

具体的にはこの4つ。

  • オウゴンエキス
  • ヒオウギ抽出液
  • チョウジエキス
  • ビワ葉エキス

どれも植物からとったエキス、もしくは抽出液であることがわかります。

ただ、この4つの成分について調べてみると、いずれも5α-リダクターゼを阻害する成分として厚生労働省から公式に認められている成分ではないんです。。

ついでに言えば、メーカー自体もAGAに効くなんてことはひとことも言っていないですし、広告ページをくまなく読んでもAGAなんて言葉はでてきません。

では、こうったアヤシイ効果はどこから発生したのか、調べてみると、配合されている成分の素を作っている原薬メーカーの資料にたどりつきました。

例えばヒオウギ抽出液はこんな感じ。

ヒオウギエキスの期待される作用(あくまでメーカー発表)
原料 ヒオウギ(黄金花、コガネバナ)
オムツかぶれ改善(リパーゼ阻害)
抗炎症(抗補体)
抗男性ホルモン(5α-リダクターゼ阻害)
コラーゲン保護(MMP-1阻害) 細胞賦活(代謝活性促進)
女性ホルモン様
メラニン生成抑制(B16メラノーマ)
抑毛
リパーゼ活性阻害
https://www.ichimaru.co.jp/products/c_material_detail.html?hnb=21c625ac

確かに「抗男性ホルモン」と書かれていますね。

ただ、これはあくまで薬ではなく、化粧品の原料として配合する前提で書かれている効果であって、その根拠であるデータについては、いくら調べても出てきませんでした。。

おそらく公的には証明されていないけれど、原薬メーカー独自の情報か、民間伝承かなにかでこういう効果もあるよ程度で書かれているものかと。

ちなみに、現在AGAに効果があると、厚生労働省に認められているのは、フィナステリドという成分が入った医療用医薬品だけです。

フィナステリド錠

これは飲み薬で、正真正銘5α-リダクターゼを阻害する成分なのですが、性欲減退などのなかなか恐ろしい副作用もあります。

また、薬局では売っておらず、皮膚科などお医者さんにかからないと入手できないので、薬局などで帰るリアップといった発毛剤よりも購入のハードルは高いですね。

こちらについてくわしく知りたい方は以下のページをご覧ください。

植物エキスの数は多くても奥深さは少ないチャップアップの配合成分

天然成分55種類+アミノ酸15種類のチャップアップの成分
成分に関する話をもうひとつ。

医薬品ほどの根拠(エビデンス)を求めるのは酷にしろ、やはりメーカー独自での実験結果や、工夫方法がないと、やはり効果があると判断するのは難しいものとなります。

チャップアップには、医薬部外品の育毛剤に認められている有効成分が3種類に加え、独自監修した天然植物エキス55種類+アミノ酸15種類の70種類の成分が配合と書かれています。

数は強しとばかり、「成分が多い=なんとなく効きそう」と思ってしまいますが、そうはいかないのが、育毛剤の奥の深いところ。

チャップアップには、その一覧がズラリと書かれていますが、まず有効成分3種類の中身はこのようになっています。

チャップアップの有効成分

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウムは、ほとんどすべての育毛剤に含まれている成分であり決して特別なものではありません。

ジフェンヒドラミンHCIも髪の毛というより、頭皮のかゆみをおさえる成分で、直接育毛促進するせいぶんではありません。

となると、55種類もある植物エキスたちがチャップアップ独特のアプローチといえるのですが、具体的にどのように作用して効くのか?という理論的な話はどこを見ても一切書かれていません。

これは育毛剤にとってはある意味特殊なケースで、今までワタシがご紹介した他の育毛剤には、独自の実験結果を出していたり、成分自体に工夫がなされています。

それぞれどんなものなのかは、各ページで紹介していますが、どれも独自の技術や成分の細かいところを紹介して、効果のある根拠はなにかを教えてくれています。

その点、チャップアップは、成分が配合されていることはわかりますが、それがいったいなんのために配合されているのかは詳細に書かれていません。

「細かいことはつべこべ言わずに俺についてこい!」なんて男気を感じてしまいますが、中には、オレンジ、キウイ、ニンニクなど、素人目にも「いったいなんのために入れているんだ?」と疑問になりそうな成分までカウントされているのが不思議なところ。。

もうひとつツッコミどころをいえば、この多数を占める「エキス」が一体なんなのか、正体を調べてみると驚くべきことがわかりました。。

チャップアップの成分のほとんどを占める○○エキスの正体はなに?

○○エキスの意味を簡単にまとめると、「植物に含まれる成分を抽出し、溶剤で薄めた液体」なのだそうです。

さきほどご紹介したオウゴンエキスやらヒオウギエキスなども、水と潤滑剤で割った、ちょうどハイボールみたいな感じになっています。

ただ、成分自体をエキスにしてしまったら、成分そのものの濃度が非常に薄いものになるのだとか…。

一説では、エキスに含まれる実際の成分の中身は1%にもならないそう。。

育毛剤の中の「成分の濃度」って実はすごい重要で、ミノキシジル濃度5%の「リアップX5」と濃度1%の「リアップ」では、発毛効果が得られるまで2ヶ月以上の差があります。

リアップシリーズの効果があらわれるまでの期間

先ほどもご紹介したとおり、「エキス」となっていれば、ただでさえその成分の濃度は相当低いはずなのに、それが55種類も詰め込まれていたら、一成分あたりの濃度はかなり低くなってしまうのがおわかりでしょうか..?

他の育毛剤も、成分の配合量ははっきり書かれていないものの、せいぜい10~30種類くらいで収まっていて、1成分あたりの濃度をそれなりに入っているものだと推測されます。

多数の配合成分数が、逆に成分の濃度自体を薄めている結果になってはいないか?と邪推してしまうのはワタシだけでしょうか....?

チャップアップにある3つの良いところ

ここまで、かなりディスり感高いですが(笑)、やっぱり使う前に過剰な期待はしてはいけないと思うのです。

本来あるはずのない効果まで信じて使ってみて、効果なかったらガッカリ度半端ないと思いますし。

個人差で髪の毛が生えた!ハゲが改善した!ということはあるかもしれませんが、それが全員に効くことまでは証明されていないのがチャップアップですし、効果の範囲も以下のように限定されているのが実情です。

チャップアップの効果が保証されている範囲

  • 「今ある髪の毛」を太くする、育てるなどの育毛効果
  • 抜け毛を予防する効果
  • 発毛を促進する効果(確実に発毛するとはいってないところがポイント)

では、チャップアップは使わず、素直に発毛剤使った方がいいのか?といえばそうではなく、発毛剤には副作用のリスクや使える人と使えない人がいます。

  • 副作用が約8%の確率で起こる可能性がある(肌のほてり、炎症など)
  • 頭のテッペンが薄くなる壮年性脱毛症にしか効かず、生え際、M字ハゲには効かない
  • 年齢制限(20~65歳)、心臓に病気のある人などは使えない

これらが当てはまる方は使うことができませんし、私も以前「リアップX5」を使って、抜け毛こそ減ったものの、副作用に耐えられずやめてしまった経緯があります。どんなことが起こったのか知りたい方はこちらから

このような場合は、育毛剤を選ぶことが必要になってきますし、チャップアップがその中で人気があり、一番選ばれている育毛剤であることは間違いありません。

実際使ってみて、選ばれる理由はどんなところにあるのか検証してみると…

1.使い勝手が非常によいノズルと液体の質感

チャップアップのノズル

チャップアップは、一日朝晩の2回、頭全体にまんべんなくシュッシュッと30プッシュほど吹きかけていきます。

画像のようなジェットノズルから正直30プッシュもかけると、量が多すぎて液ダレする場合もありますが、説明書にはそうやって書いてあるので、なるべく一か所に集中せず、頭の生え際から後頭部、側頭部までムラなく塗り込むことが使い方のポイントです。

チャップアップの液体

つけはじめると、少し漢方薬っぽいにおいが漂ってきますが、リアップのようなアルコールのきつい匂いではありませんし、無色透明の液体もサラサラとした水のような感じで粘りがなく、塗り広げやすいです。

2.発毛剤で起こりやすい肌荒れ、ほてりなどの副作用のリスクがほぼない

私がリアップを使っていたとき、塗り終わって数分後から頭皮が蒸しあがるように熱くなってしまい、それでもガマンして使っていたら強烈なかゆみが襲ってきて、ついには病院送りになってしまいました。。

その点チャップアップは、塗った後こそ少しべたつきますが、乾いた後はサラサラになり、使い続けてもリアップのような肌への違和感はまったくありません。

これこそまさに医薬部外品の育毛剤のメリットで、配合成分に副作用の可能性が限りなく低いものを入れているからこそ、安心できるポイントといえるでしょうか。

チャップアップの副作用テスト検査内容

実際にチャップアップは、香料、着色料といった添加物は不使用で、さらに、刺激性や、かゆみやヒリヒリ感、アレルギーに関するパッチテストも行っていて、副作用に対するリスクをかなり抑えている印象で安心感は高いと思います。

3.定期便なら使っていても返品できる無期限の全額返金保証制度がある

ネット通販されている育毛剤は、使ってみたけど合わなかった…、やっぱり効果あるのか疑わしいという場合に、使っている途中でも返品すれば購入代金が戻ってくる「全額返金保証制度」がついていることが多いです。

チャップアップの全額返金保証書

チャップアップは、購入すると、全額返金保証書という神々しい証明書がついてきて、毎月届く定期便なら永久でどんな理由でも返品できます。

この期間について他の育毛剤と比べてみると、

  • ポリピュアEX…45日間
  • ナノインパクト100…30日間
  • M-1育毛ミスト…30日間

定期便に限ってですが、チャップアップの無期限というのはやはり強力な購入動機になりますよね。

ただ、これにはいくつか条件があることは知っていますか?

  • 定期便の場合、返金対象となるのは、最初に購入した1本分のみ
  • 返金時に事務手数料1,000円が差し引きされる
  • 次回到着予定日の10日前には電話で連絡しないと、次の分が送られてくる

例えば、半年間6本使って解約したいと思っても、戻ってくるのは最初の1本分から1,000円差し引かれた金額となります。

ちょっとわかりにくいシステムではあるので返金を期待して使いたい方は、一応頭に止めておいた方がよいかと思います。

チャップアップを買った人のその後~半年以上使っている人の口コミはどうなっている?

発毛剤も育毛剤も共通していえるのが、「即効性はなく、使い続ける必要がある」ということ。

リアップはCMでも「まずは、じっくり4か月」と水谷豊さんが言っていますし、チャップアップでも説明書には「3か月くらいで効果が見えはじめます」なんて書かれています。

ワタシもリアップ使い始めすぐには効果は感じられなかったのですが、副作用でギブアップする2か月くらいで抜け毛が減る効果は体感できたので、使い続ける必要性はすごく感じています。

なので、1,2本使ったところで、効果がないのは当たり前のことで、使い続けた上で効果のあるなしを判定することが正しい方法だといえます。

そこで、チャップアップを半年以上実際に使い続けた人の口コミはどうなっているのか、調べてみることにしました。

ただし、検索結果で出てくる情報は、やはり相当ウソが混じっていることが多いので、よりマシな情報として購入者のみの口コミがある「楽天のレビュー・口コミ」「Amazonのカスタマーレビュー」だけに対象を絞って調べてみました。

総合評価は楽天は高めだが、Amazonは低め

まず、星5つでの5段階評価の平均値を見てみると、

  • 楽天…3.69/全243件中
  • Amazon…2.6/全81件中

Amazonの評価の低さが際立っていますが、楽天と平均すると、ちょうど真ん中の3くらい、可もなく、不可もなくという感じです。

ここからは、具体的に良い、悪いの口コミを見ていきますが、数ある口コミの中でも、使ってすぐの口コミはあまり参考にならないので、半年以上使い続けている口コミのみをご紹介します。

チャップアップを半年以上使って効果があった口コミ

使い始めて半年以上になります。 毛量が増えた感じはありませんが、毛髪にコシが出たようです。 コシがあるので髪にボリューム感があるように思います。

何年(5年以上あと思うのですが、記憶があいまいです)も使っていますが シャンプー後の排水溝を見ても抜け毛が劇的に減ります

約一年くらい使用してますが徐々に髪が太くなり抜け毛が減ってきました! しばらく続けます!

4本目です。進行中のM字型ハゲの勢いが止まった気がする。生えたという感じもないけど。

使い始めて1年が経ちました。おでこの両サイドが弱々しく生えていたのが、半年くらいから、なんかしっかりになり、見た目が変わりました。

使い始めてから半年くらいで毛量が少し増えボリュームアップしました。 これは効果ありだと思います!! これからも使い続けます。

半年ほど使用した結果、劇的な効果はありませんでした。が、抜け毛は減ったと思います。育毛剤は個人差が激しいものなので、使ってみなけりゃわからないですねー。

できるだけ長く使っている人の口コミを集めましたが、「抜け毛が減る」「ボリュームがアップする」「髪がしっかりする」といった育毛剤の効果の範囲で実感している人は多くみられました。

また、生え際やM字型など、発毛剤では効果ないといわれている部分にもチャップアップは効果を出しているので、発毛剤が使えない人にも一定の利用価値はありますね。

が、発毛した、毛が生えたという口コミは、効果があった中でもかなり少数派です。

産毛が生えたという口コミは3件くらい見かけましたが、いかんせんどれくらいで生えたのかがいずれも書かれていないので、今回は割愛。

やはり過度な期待はするな!ということは口コミでも明らかですね。

チャップアップを半年以上使って効果がなかった口コミ

1年以上使っていますが全く効果ありません。もっと早くやめとけばよかったと後悔しています。

9か月ほど継続して使用。用法通り使用を継続していますが効果は実感できません。20代男性・非喫煙者、睡眠は毎日十分取れてますし、特にストレスもなく生活しています。 抜け毛は少し減った?くらいの感覚で髪の量が増えているような実感はありません。

個人差があると思いますが自分の場合、後退もせず前進もせず。 メリットは高い育毛剤を使っているという満足感と自己催眠によるメンタルケアです。 その点は良かったと思うので星二つです。

使い始めて1年近くなりますが、市販薬のような痒みはありませんが、発毛の実感もありません。着実に薄くなっています。少しでも長い期間髪が残れば・・・と気休めですね

10カ月間毎日使ってマッサージも欠かさず しました。妻や子供、知り合いの床屋さん にもみてもらいましたが、変わりないと 思いますって言われました。

何だかんだ、1年半ぐらい使っていますが、 効果が出ているのかどうかはいまいちわかりません・・・

「金返せ」「もう買わない」なんてハードな口コミが多い中、比較的冷静に分析している口コミだけを集めてみました。

毛が生えるという確実な効果が少ない分、使ってもいまいち実感できない内容が多かったです。

あとは、購入時の期待値の問題ですね、最終ゴールを「発毛する」ことに設定していると、たとえ現状維持できていたとしても、物足りない結果になってしまうので、その意味で評価が低くなっていることもあります。

やはり、今ある髪の毛を元気にする効果にとどまるため、まだある程度残っていれば、ボリュームアップなどで見た目は変わってきますが、薄毛の進行がすすめばすすんでいるほど、効果が実感しにくくなるのでは?と思います。

口コミを見て、実感できそうな効果をまとめてみると

  • 抜け毛を減らすこと
  • 髪のハリ・コシなどの効果
  • 薄毛の進行を止める、現状維持

新しい毛が生えてくるなんて過度な期待はしないほうがいいので、特に地肌が見えるほど薄毛の方は、チャップアップは選択肢から外して問題ないかと思います。

まとめ:チャップアップで期待できる実際の効果はどれくらいなのか?

チャップアップ

最後にウソを省いたチャップアップの正直なところをまとめてみると、以下のようになります。

  • 新しい毛が生える発毛剤ではなく、今ある髪の毛だけにしか効かない育毛剤
  • 男性ホルモンに効く根拠のある成分は入っていない
  • 植物エキスなどの配合成分が逆に多すぎて、濃度的に本当に実効性があるのかは疑問
  • 液体にクセがなく、使いやすく、副作用もなさそうなマイルドな使い心地
  • 口コミではM字型含め、抜け毛、髪のボリュームアップくらいは期待できそう

まず、新しい毛が生えない以上、進行しすぎた薄毛には間違いなく効かないので、そこまでいっている方は素直に発毛剤を選んだ方がよいです。

そのうえで、チャップアップを選ぶ基準は、購入する人がどのようなポイントを重視することで大きく変わってしまうと思います。

まず、成分の良し悪しで育毛剤を選ぼうと思ったらチャップアップは候補から外した方が良いかと思います。

そもそも、どのように効くかの説明がメーカーサイドでさえくわしく書かれておらず、それをいいことにあいまいな情報が膨れ上がっている側面があるので、成分の内容をしっかり納得して買われる方にはおすすめしません。

理論的にしっかりとした説明をされている育毛剤を選択肢にしても良いのでは?と思います。

ただ、商品そのものは、別に悪いものでもなく、使った感じでは、副作用もおこらなそうな使い心地でした。

口コミで見ても、抜け毛を減らしたり薄毛の進行予防くらいは実際にできているので、スペックなど関係なく、実際の評判重視で選んでみるならばチャップアップは有力な選択肢になると思います。

チャップアップは使えばだれでも効果が出せるような万能育毛剤ではなく、実際に効果が出る人は限られてきます。

ネットにあふれる誇大情報をうのみにせず、実際の効果がどこまでなのかを知ってから選んでみるのが、後でくやしい思いをせずに育毛できると思いますよ!

  • メーカー:ソーシャルテック
  • 内容量:120ml(約1ヶ月分)
  • 1本価格:7,400円(定期便・税込)
  • 全額返金保証:無期限(定期便のみ)

特に副作用になりにくい医薬部外品育毛剤一覧